猫とたまこ。

猫、ねこ、ネコ。

体調と向き合う。

昨日は家に帰ってから心が荒んで荒んで、自分でも変な感じだった。

 

たぶん片頭痛と眩暈もあっての影響だとは思うんだけど、それにプラス更年期症状も入ってるのかもな。

 

 

 

こんなときって1人で居たいんだよな。

 

ご飯食べるときもTVなんかいらないし、無音でいい。

 

話し掛けられても相づちだけで勘弁してほしいし。

 

放っておいてほしい、そんな日もある。

(こういうのは誰でもあるよね)

 

 

 

システム手帳にランニングの記録と体重、そして自分の体調についても記入しているのだけど、

 

こうして見てると、やっぱり生理明けの5日間くらいは体調があまりよろしくないのが分かる。

 

酷いときはそのまま続いて排卵期あたりまで長引くことも。

 

けどそこを抜けると一気に「昨日までのは何だったの?」ってほど元気になる。

 

女の体は本当に難しいな。

 

きっと、これからもっと厳しくなるんだろうな、まだ経験したことのない症状もくるんだろう。

 

更年期って自覚が大事だと思うから、予防策は進んですべきことだと思う。

 

 


f:id:tamaco622:20190220091315j:image

・・・実は今も、目が回っている。

 

これはPCで書いてるんだけど、座ってても目が回ってるのがわかる。

 

ここまでくると、これは更年期だけとは限らないんだろうけど、まぁ眩暈の薬も出してもらってるからとりあえず無理さえしなければ大丈夫かな。

 

 

 

母親の昔を思い出してみる。

 

おそらく母親の更年期は46歳あたりからだと思う。

 

そこから10年くらい続いたのかな、きっと。

 

母親は、味覚が衰えたことに自分でショックを受け、ある期間、料理ができなくなってお惣菜ばかりで過ごしていた時期がある。

 

この頃は母親は1人暮らしだったから余計どうでもよくなってたのかもしれない。

 

当然、母親はブクブク太った。

 

母親の更年期時代を振り返っても仕方ないけれど、症状は人それぞれだろうからな。

 

母親がそうだからって私もそうなるとは限らないし。

 

因みに母親は、生理痛というものを一切経験しなかったという。

 

私はバリバリ生理痛だけどね、この30年近くw

 

 


f:id:tamaco622:20190220091524j:image

さて。

早くここを乗り越えて元気にならないかな、明日あたり(笑)

エントリー済。

さて。RUNNETに登録して、5月の大会にエントリーしてしまいました。

 

もうこれで頑張るしかないですね、やりましょう、やるやる!!

 

 

種目は10kmにしました。

 

3kmもあったけど、ここはやっぱり10kmでしょう。

 

確実に走れるという自信はどこにもありませんが、決めたので頑張ろうと思いますー。

 

あと約3ヶ月だけど、コツコツ走って持久力つけるつもり。

 


f:id:tamaco622:20190218101619j:image

土曜日に、生まれて初めて9km走りまして。

 

ここまできたなら10kmいけよと言われそうですが(笑)、これの前が6.5kmでしんどい思いをしてたので、様子見ながらこの日は走りました。

 

 

とりあえずメモ書き。

初めの1.5~2.5kmあたりまでは、体がまだ重い感じがしていつもよりペースも遅く、おそらく「まだまだ先は長い」という意識もあってか、自然と余力を残そうとしてたんだと思う。

 

3.0kmあたりから根性が決まってきます・・・

 

4.0kmあたりでここで折り返そうかと思ったけどあとたった500m走ったら9kmなるなと思ったので頑張って走ることに。

 

4.5kmのアナウンスで折り返します、余裕あります、大丈夫そう!そう感じながら少しピッチが上がってきます。

 

5kmあたりでハイになり・・・

 

6kmあたりで呼吸が楽になってきて余裕が出てきます。

 

7kmあたり、信号で止まりたくない!そう感じるほど足が自然と前に進むのを感じ、フォームが変わっているのも自分で分かりました。腕の振りが走ってる人っぽくなってた(笑)

 

8kmあたり、超余裕なんですけど・・・

 

9kmゴールで、あれ?まだ走れるわ・・・という感想を残し、終了。

 

 

・・・楽しかった(*^^*) マジで 笑

 

 

 


f:id:tamaco622:20190218101723j:image

ちょうど4.5kmあたりのところでかな、主人が車から私を見かけたとかで。

主人曰く、まさかここまで走って来てるとは思ってないので、初めは"人違い"だと思ったらしい(笑)

(いや、間違わないでくれw)

 

 

 

 

少しずつ暖かくなってきているので、今週からは2日走って1日休むトレーニングを再開しようと思います。

 

土日のどちらかを長距離走ることにして、限られた時間の平日は4kmでスピードを上げてみます。

 

CW-Xのジェネレーターモデルも2枚目が届いたしね、よしよし。

 

ちょっと体調も気になるところだけど、それを吹き飛ばすくらい元気に走ろうと思う。

 

走れば治る経験、何度もしてるからw

 

能ある鷹は。

昨日、大好きな友人に突然と会いに行ってきた。

昼休みを使ってのことだったから20分くらいしか話ができなかったんだけど、それでも彼女と会うのはおよそ13年ぶりのことだったから、なかなか会話が終わらず帰れず(笑)、でも時間はお互い無いしで、猛スピードで会話して帰ってきた、そんな感じだった。

 

その友人は、私より12歳年上。

(私の友人は本当に12歳上が多いw)

その彼女もマラソンをしていて、昨年からアドバイスをもらうようにしていたのだけど、お互い忙しくて連絡は取り合っていたものの会うこともなかなかできずにずっといたのだけど…

 

そんな彼女から一昨日もらったメールの中の最後に、「ロードを走ってるときに顔から転んでしまって6針縫う大ケガをしてしまった」という内容が記されてあった。

 

先週抜糸をしたばかりだというけれど、私はもう転んだときのことを想像しただけで彼女が可哀相で可哀相で仕方がなくなった。

 

すっごく痛かっただろうな…、

あの寒い中頑張って走ってたところにこんなことになるなんて…、

現場からはどうやって助けを求めたんだろ?…、

6針も縫うなんて余程だよな…(涙)

 

そんな感じでずーっとずーっと考えてたら、これはもう会いに行って元気づけてこなきゃダメだ ! ! みたいな正義感?が沸々と湧いてきて。

 

それでアポなしで翌日、彼女の職場まで行ってきたのだ。

 



f:id:tamaco622:20190215110110j:image

お花、買ってった。

(私も、貰ったら嬉しい、そう感じたから)

 

 

 

すると、彼女、

全然、元気も、元気www

相変わらずのマシンガントークだったけど、全然心配なく元気だった(笑)

 

傷口を見せてくれたり、そのときの状況を詳しく話してくれたんだけど、その話しぶりを聞いていて、

 

あぁ全然昔と変わってなくて良かったー…

すっごく綺麗なお姉さんなのに自分を飾らずに喋るとこも変わってない…

やっぱり大好きだわ、彼女のこと。

そう思って話をうんうんと聞いていた。

 

そして帰り際に、今度ちゃんと前もって予定を立てて食事でもしよう ! ということになり、そしたら彼女が「あ、でも来月の3日まではちょっとダメかな。それ以降に会おうね」と言うので理由を聞くと、

 

なんと東京マラソンに出場するというではないかっwww

 

よく抽選とれたねーと言ったら、そんなの邪道な質問だった。

 

「実は準エリートで呼ばれたのよー、これで3年目」

 

ひぇぇぇー ! !

能ある鷹は爪を隠すってこういうことだよなって思った。

そこでまた尊敬の念が・・・

 

 

 

 

 

ひと回り年上の彼女だけど、私のことは対等に相手してくれるのも昔から変わらないしそれも嬉しい。

その中でもちゃんと年上らしいこともアドバイスしてくれるから、やっぱ彼女は頭もいいんだなって思っちゃう。

まぁ、学歴も生い立ちも私とは全く別世界の彼女なんだけど、絶対威張ったりしない人なんだよね、だから好き。だから私にも付き合ってくれるんだと思う。

 

彼女は大事にしたい1人。

これからもずっと。 

 

昨日会いに行って本当に良かった。

 

吐き出しの窓。【その1】

今日は凄く悔しいことがあった。

 

知らないところで事が進んでいるから、何が起きているのか尋ねたことに、

そんなことも分からないの的な言い方をされてしまい、またか・・・と思った。

 

素直に悪いのは私。

だからこそ分からないことを質問して聞いているのに、逆ギレのように扱われと感じてしまい、こっちもこっちで嫌な態度が出てしまった。

 

でも、そこから話は延長に流れ、話題が少し移行したところで新たな問題に辿りついてしまう。

話は更にややこしくなった。

 

 

 


f:id:tamaco622:20190212225540j:image

なんか、これまでの20年くらいを振り返ってみて、

結局は私が抱え込んで、私が動いて解決してることばかりだなって思った。

そしてそれは私が死ぬまで続く宿命なんだって思った。

 

本来、動かなきゃない人がやらないから私が動くしかなくて。

それが公私共に起きてきた。

言いたくないけど気楽なのは両親だけ。

自分が都合がいいときだけ娘なんだなって思った。

勿論、私は両親の子供に間違いはないし産んでくれて有難うとも思うけど、

 

私が一人っ子で育った意味も、私が子供を授かれなかった意味も、

今なら分かる気がする。

神様がそうお印を告げたんだろうな。

 

走れたんだ、という目標。

「マラソン」と検索していると、なになに? アトピーの人もマラソンすると良いの?

(私はアトピーではないけれど)

いろんなことにマラソンは効果を発揮してるのねーと思うと、やっぱり嬉しくなる。

 

 

 


f:id:tamaco622:20190211110250j:image

そうそう。

ここで先に報告しちゃおう。

 

私、5月のマラソン大会で10kmにエントリーすることにしました。

本当は4kmにエントリーするつもりでいたんだけどね。

なぜか今年は4kmが無くなっていて、代わりに3kmになっていた・・・。

(なぜなんだ)

 

さすがに3kmだと、ガチで皆さんペースが速いと思うので、私的には到底頑張れませんw

だったら制限時間内に完走することを目標に、10kmにエントリーした方が自分の自信に繋がるかなって思ったんですわ。

タイムがどうではなく「10km走れたよ」精神でチャレンジしてみたい。


f:id:tamaco622:20190211110315j:image

ちなみに、先日初めて6.5km走ってみた。

これまでの最高距離は5kmなので、6.5kmは初めてのこと。

 

走った場所は、橋を2区間渡りきって戻ってくるコースで、若干のアップダウンもあるから鍛えるのには丁度いいコース。

2つの橋を渡り終えて5kmのアナウンスを聞き、5.5km辺りでかな、急に吐き気がしてきて、あーこれ無理してるやつ? とか自分の体に問いかけたけど、

6.0km辺りで一度信号で足止めをくらい、止まった瞬間、心臓が痛くなって・・・

うわー、これダメなやつじゃん? と自分に言い聞かせながらも頑張って残り500mを走った。

 

長距離を久々に走ったのもあったけど、ちょっと無理しちゃってたなと反省。

でも辛かったのは心臓だけで、体の方は問題なかった。

膝が痛いとか、腰が痛いとか、そういうのは無かった。

翌日軽く筋肉痛ってくらい。

 

 

さて。大会までちょうどあと3ヶ月。

これからどうトレーニングしていくか、またアドバイス貰いながらいこうと思う。

昨年6月から始めたばかりでまだ8ヶ月なんだけどね(^_^;)

やる気だけはとりあえず続いてるので42歳頑張りますw

愚痴。そして考え過ぎる理由。

さ、さむ~い。

なかなかの冷え応え。

それでも北海道の気温を天気予報で見れば、まだまだこっちは序の口よねと思ったり。

いやー、それにしても寒い寒い。

10年以上ぶりに、左足の指がしもやけになったよ(^_^;)


f:id:tamaco622:20190209092342j:image

 

今週は、いろいろ、いろいろ、黙々と考えた日だった。

まぁお得意の【考え過ぎ】をモットーに私は生きてるわけですけど、自覚はしっかりありますのでもうどうしようもないんだよね。

考えるの止めたってどうにもならないの知ってるし、だったら我慢しないで思う存分自分が納得するまで考えればいいんだと、そう思えるようになって何年なるかな、おそらく再婚してからそう思えるようになったんだと思う。

 

周りに迷惑さえかけなければ、悩んだり考え事したりするのって全然問題ないと思う。

苦しんだり時間を費やすのは自分だけなんだし。

 

 

ちょっと愚痴。

ウチのB子がね、また今週やらかして。

でもね、B子はお局だから自分が悪いと一切思ってない特殊人種なんで、割り切ってしまえば簡単で、いつもその調子なんだな。

我慢するのはこっち側で済んでしまうから。

 

確かにその日は道路が凍結していて事故も多発してたし、高速もほぼ全部止まったし、通勤には大変な状況だというのは誰もが分かっていたことだけどさ。

もうすぐ勤続20年なる人が、未だに家と会社の距離感がつかめないみたいで、平気で就業時間ギリギリに出社するし、ましてや道路状況悪いときは渋滞を言い訳にして遅刻するし、まぁ遅刻くらい当たり前に許してもらえるでしょ的な空気なわけ。

だから、出社して「おはようございます」は言うものの「すみませんでした」の一言が全くないんだわ。

というか、そもそもB子が謝ってるところを見たことがない・・・。

悪いことしてないから謝らない、と言われればそれまでだけどw

「ごめんね~」とか「悪かったね~」とか、そういうのも無いな。

ま、そういう人なんでしょう。

 

とりあえず愚痴、この辺にしとくかな。

 

 

ま、これに限らずだけど、今週は凄くいろいろ考えたりしてて一人で勝手に気を遣って悩んでたのは事実。

真面目すぎるのか、単に神経質なのか、どっちなのか分からないけど、総称すれば文頭に記したように【考え過ぎ】だから仕方ない。

 

どうしてそう思うかは、きっとね、

自分がそうされて悲しいと思うから、人にはそうしたくなくて、だから先回りして相手のことまでそうならないようにと考えてしまうところがあるんだよね。

(言ってる意味分からないよねw)

今、この人に○○と言ったら悲しいだろうな、とか。

今、この人は○○を求めてるだろうから、こういうこと伝えた方がいいよな、とか。

お節介ではないけれど、その前段階を考え込んでしまうんだよな、人の分までw

 

だから、だからなんだよね。

私が悪いのは、そう思う自分に、どこかで相手からの見返りを期待してるからイライラしたりしてしまうんだろうなって。

要は、寂しがり屋なんだよな(笑)

 

 

 

 


f:id:tamaco622:20190209092507j:image

「この花はランです」

そう言われて頂きましたが、これ、本当にランなの?

 

 

大会日いよいよ発表ぞくぞく。

先日、久々に外を走れた。

気温も4℃あって風もそれほどなく、走りやすかった。

f:id:tamaco622:20190204091231j:image

まだ雪はあるけどね。

歩道は溶けてたから十分!


f:id:tamaco622:20190204091332j:image

 

さて、今年もいよいよマラソン大会の開催日が発表になりつつある。

 

今年は個人的に初めて参加してみようと思ってるので、孤独好きな私にとってはワクワクドッキドキ!

 

レーニング始めたのは昨年6月で、42歳でまさかマラソンに興味持つとは思わなかったけど、今のところ続いてるからこれはもうこのまま趣味になってくんだろうな。

 

まずは5月の大会にエントリーしようと思ってる。

ここは3kmにエントリー。

 

怪我もなく頑張れそうだったら、次は7月の大きめな大会にエントリー。

ここでは5kmにエントリー。

 

ラストは9月に昨年同様、団体でリレーマラソンにエントリー。

 

いやぁ、忙しいね。

でもね、これぐらいあった方が、仕事も頑張れるんだっけ。

レーニングする時間を見つけたり作ったりするのも、仕事を上手くこなしたり調整したりするのも、いい影響になるんだっけな。

 

・・・あ、

 

今年はね、昨年私に散々マウントしてきた人には一切教えないつもり。

悪影響は作りたくない。

 

レーニングするところは仕方ない、見られちゃうけど、何の大会に出るとかそういうのは一切絶対、言 わ な い !

 

「3km10分で走れって言われて走ってたから」

 

今から30年以上も前の話を、"今も私はやれます"的にマウントして私に話してきた人なので、

 

そんな人に私が挑もうとしてる大会を教えたところで、レベルが違うんでしょうから。

 

「走ってきた人は違う」

 

そうでしょうね。

私は走り始めてまだ8ヶ月目ですし、学生の頃もスポーツはしてないので走ったのは体育くらいですし、あなたが言う"走ってきた人"には私は頑張っても一生届きません。

 

あなたの凄かった30年前、"走ってきた人"なんですから、体にしっかり身に付いてるんでしょうね、すごい!

 

 

 

(なんか。いろいろ思い出してムカついてきたからこの辺で止めておきます)

 

 

まずは、怪我なく大会まで進めるといいな!

(* ´ ▽ ` *)